ホワイトニングに挑戦します。

いつしか、家から無くなっていた物たち

 

数年前、父が突然亡くなりました。
母も既に無く、父と私が家で暮らしていました。
何かわからないことがある場合は相続の埼玉にお知らせください。

 

妹も一人いるのですが、お恥ずかしい話ですが…
妹は以前に付き合っていた男と金銭のことで揉め、相手がストーカー状態になったのを機に、
他の男のところでずっと暮らしていました。どうしたらいいかわからない場合は埼玉の相続へ連絡をしてみてみましょう。

 

 

そういったこともあり、私は他に行くところもないので、すんなりと土地や建物は私が所有し、管理していくことになりました。不明確な点がありましたら相続の埼玉で申込み下さい。

 

 

しかし不思議なことは父の預金は何故かほとんどなく、
あった筈のキャッシュカードも無くなっていました。
そうそう父が母に贈った指輪なども、一切無くなっていました。
どうすればいいかわからない場合は埼玉の相続がお奨めです。

 

それから「これ、私がお金を出して贈ったものだから返してもらうね」と言って、
妹が電化製品や勝手に持ち出して行きました。
それが本当かどうなのかもわかりません。

 

何しろ妹は元から手癖は良くなく、
ストーカー化した男性が、わざわざ「金を返せ」とペンキで書きに来るようなことをしていたらしいので、
疑惑は濃厚なまま。
ちなみに今妹が付き合っている男性は、そのことを知りません。お早目に債務整理の埼玉を試してみませんか?

 

 

 

相続は、公的な書類に残るようなものばかりではなく、小さなものも入ります。
しかもそう言ったものは処理もしやすく、目も届きにくいので、
みなさんも是非、注意してください。